印象が次の仕事を作る

~7月マンスリー会議~

7月9日月曜日は定例マンスリー会議でした。

さらなる仕事につながる好感度UPマナーの実践

今回の講師は姉妹会社「株式会社 スマイルシェア」の 福本 陽子 先生です。

DSCF5116指導を受けながら所作を確認

 タレントとして仕事をする以上、最低限のビジネスマナーを備えて、お客様からお仕事をいただくかが大切になる。会社は製品やサービスを通じて社会に貢献して継続していけなければならない。
 どう見られているか? タレントは一般のビジネスマンよりも見られていると思ってください。売上の直結するクライアント、お客様にどう見られているのかを意識して、次の仕事につなげるように立ち振る舞う。

DSCF5112

今回は声を出しての応対や所作、互いにチェックし合ったりと実践形式で進めていただきました。実際に本気でやらないと身に付きませんからね。

お辞儀の使い分け。

  • 「会釈」:簡単にお疲れ様の意味合いで、あまり顔を見すぎない。頭だけを入り込まないように。頭は上から引っ張らているイメージで。
  • 「中礼」:一般的なお辞儀。
  • 「敬礼」:仕事の締めに感謝の気持ちを込めて「ありがとうございました」と言葉が先で頭をゆっくりとあげる。
  • 「最敬礼」:最も深くお辞儀する。5秒程度は頭を下げる。それでも怒りが収まらないようなら改めて訪問することも必要。

DSCF5117

意味を確かめながら、横から角度を見てもらって、お辞儀します。思っているよりも頭だけでしていたり、姿勢が悪かったり、改めて難しさを実感しています。

とかく乱れがちな言葉遣いも、電話応対や名刺交換の場など人と話すことで、再チェック。名刺交換は「1対多」になると上下関係の意識も必要となります。

メール、LINEの使い分けなど何となく境界線があいまいに思っていたこと、便利だからといって安易に使ってはいけないことの線引きを学びました。デジタル時代での「報・連・相」励行には必要なことです。

<アンケートから>

・ついうっかり使ってしまう敬語や所作を見直すきっかけとなった。マナーひとつで自分の印象が代わるのでしっかり押さえておきたい。
・普段の何気ないときにマナーが出るのでちょっとした積み重ねをしていく。完璧にこなせるようになって好印象を与えられるようにすることが大切。
・終わったあとのお礼をきちんとしなければいけないと思いました。細かい気遣いが足りてなかったと思います。
・報告・連絡・相談は未だに完全にできていないところが多いのでスピード第一に考えて発信していきたいです。知らないことがあるのは悪いことではなく、知らないことを素直に知らないと言って教えてもらえることが大切だと思った。
・多数の方との名刺交換の仕方を教えて頂け、また実際にロールプレイでき、ためになった。基本姿勢、お辞儀の仕方(角度)は確認しようと思った。テキストブックがとても分かりやすいものだった。

DSCF5101

smile_logo

iconmonstr-home-32 株式会社スマイルシェア

FB-fLogo-Blue-broadcast-2_R32 株式会社スマイルシェア on Facebook

Read More

自分をしっかり持つこと

~6月マンスリー会議~

6月11日月曜日は定例マンスリー会議でした。

『夏に向けてのメイク、コーデ』

今回は、マンスリー会議講師として常連の感がある、スタイリストのJaranJaran 立山 真佐代 先生です。
桃の新プロジェクト「熊本美少女図鑑」にも全面協力いただいていて、いつも頼りにしています。

DSCF4954

 テレビがデジタル化してはっきり映るようになったので、髭の濃い男性は時間が立つと出る青みを抑えるためコンシーラーなどを塗るケースも増えてきた。披露宴でも朝、剃ってきたのに、となることもある。
女優さんは寝る前○時間以降は食事を取らない、リンパを流すようにするなど生活そのものになっている。温めて毛穴を開いて化粧を落とし、栄養分を入れるようにする。

DSCF4963

 

 

スタイリストとして第一線で活躍される立山先生だけにファッションについてトータルにお話を伺えました。

Tシャツなど軽く着ているのにきちんと見える人がいる。マストアイテムを1つだけ足す。小物に気を使っていて、質感のいいものを使っている。今年はストライプとか花柄ものがいいかもしれない。

しかし聞いているうちにうちのメンバーはどちらかというと肌のお手入れなど、メイクの方に関心が移るようです。

ニベア青缶+ハトムギ化粧水はコストパフォーマンスに優れた保湿剤。安いので思い切り使える。

DSCF4957

今、気になっているのはLusciousLips(ラシャスリップス)とのこと。少しピリピリ感はあるものの、縦じわがなくなり、ふっくらとした唇になるらしいです。みんなで回して試してみました。ミンティアやスペアミントガムのような香りがしましたよ。
いろいろ答えていただき、本当にありがとうございました。

<アンケートから>
・シンプルな服に小物あわせをグレードアップすることで上品感が出るなど聞けたので、薄い水色シャドーに青ライン、青マスカラなど夏メイクを楽しんでみたい。
・しっかり顔を温めて毛穴を開いて汚れを取ってから化粧水などで引き締めたり、ビタミンの多いものを食べたりリンパを流したり体に大切なこと、実践できることをたくさん教わりました。
・自分のメイクに自身がありませんでしたが個性として自分のなりたいイメージを大切にしてもいいんだとわかって嬉しかったです。
・肌は普段からのケアが大事。メイクが不要なくらいに肌には気をつける。
・必ず高いものを使わなくてもいい。お風呂の後のケアを実践したい。塗ってごまかすより塗らずに綺麗になれたらなと思います。

DSCF4956

 

絶賛更新中!kbz-bunner-M

iconmonstr-home-32 http://bishoujo-zukan.jp/kumamoto/

app-icon2_R32 https://www.instagram.com/bishoujo_k/

Twitter_Social_Icon_Square_Color_R32 https://twitter.com/k_bishoujo

FB-fLogo-Blue-broadcast-2_R32 https://www.facebook.com/k.bishoujo/

Read More

自分らしさを表現する魅力学~2月マンスリー会議

2月13日火曜日は定例マンスリー会議でした。
今月は、魅力学講師の 鷹木 愛 先生(所属)にお話を伺いました。

20180213-1鷹木 愛 先生

■好印象を与えるのは「あいさつ」「表情」「身だしなみ」「言葉遣い」「態度(姿勢)」の5つが原則。
■あいさつは

  • (明るく・愛を込めて)
  • (いつでも変わらない心の状態で)
  • (先に自分から)
  • (続けてひと言)

■身だしなみは清潔・上品・控えめが基本。差し色などでポイントをおく。TPOに合わせた気遣いで。
■言葉遣いで人となりが出る。明るく、やさしい(易しく・易しく)美しく。普段、何気なく使ってしまう言葉も、どの年代でも理解されるか?とか思いやり、優しさを添えられているか。

魅力学は自分の隠れ持つ『魅力』に気づき、好印象の与え方・磨き方を学んで、自分らしく表現する方法。
言葉遣いや立ち振舞いなどマナーだけではなく、身だしなみやコーディネート方法まで話は広がります。

■自分が自分の専属スタイリスト。全身を見てコーディネートを探す。何着か絶対的に似合うものを用意する。
■何にでも合わせやすい色は「チェリーピンク」。
■朝5分の余裕をもって行動。自分をチェックすることに心がける。

20180213-2

 

きれいな髪のまとめ方など実際にしていただきながら、わかりやすく指導していただきました。
20180213-3

ささいな心遣いだったり、自分自身のチェックだったりと今までにもう一つ考えることを実践しながら、普段の生活や仕事の現場でも、教わった「魅力学』を実践していきたいですね。

<アンケートから>
・自分の所作はせっかちで雑な面があると反省しました。左手を上に組む「レースハンド」を知り、美しい立ち振舞いに活かしていこうと思いました。
・身だしなみのお話が興味深く、日々の生活や仕事にも活かしたいと思いました。(髪の)ハーフアップの仕方もとても分りやすかったです。
・人の話は「十四の心」で聴く。相手のことを思って眼差しを向けて聴けるようになりたい。プラスワン言葉も実践していきたい。自分にとっても相手にとっても心の距離を近づける1歩になると思います。
・次回はカラーコーディネートの講座をぜひお願いしたいです。
・内面の充実と外面の充実。2つの側面から自分の魅力を引き出す方法を考える機会になりました。へりくだって自分を下げるのではなく、相手が嬉しくなる言葉の方がより自然体で気持ちの良いコミュニケーションになると思いました。

Read More

10月マンスリー会議 ~自分らしい〝私〟になる~

10月16日月曜日は毎月定例のマンスリー会議でした。

今月の講師はヘアメイクのフロンティアで、各テレビ局をはじめ、CMやブライダルまで幅広く対応して常にトレンドを発信し続けている「PALeTTE」の 大野 ゆみこ 先生 でした。「この秋冬のトレンドメイク」と題してお話しいただきながら、個々にメイクまでやっていただきました。

momo20171016-04大野 ゆみこ先生

鏡は大きいものが良い。小さいと全体が見渡せず、バランスが取りにくい。

体質は3カ月単位で変わる。またファンデーションはどのメーカーも半年ごとにモデルチェンジすることが多い。「持っているから」ではなく、トレンドを知るためにも情報を得ることは大切。初めてのオーガニック商品はパッチテストをした方がいい。

目の下の頬三角ゾーンはキレイに見せるポイント。ファンデーションは上にハイライトを乗せるので1段暗いものにする。

momo20171016-01
メイクの話だけあってみんな、興味津々です。

momo20171016-19
実際にやっていただきながらのお話だけに、自分へのアドバイスとともにメンバーに施されるメイクを見ながらなのでわかりやすく理解できました。

momo20171016-26

眉はブラッシングすると毛根の流れが変わるのでまず整える。描く時は下を向きながらではなく、顔を上げ、正面正対で描くこと。

木下もえ木下もえ

当所所属の木下もえも大人っぽく大変身。いかがでしょうか?

Read More