自分らしさを表現する魅力学~2月マンスリー会議

2月13日火曜日は定例マンスリー会議でした。
今月は、魅力学講師の 鷹木 愛 先生(所属)にお話を伺いました。

20180213-1鷹木 愛 先生

■好印象を与えるのは「あいさつ」「表情」「身だしなみ」「言葉遣い」「態度(姿勢)」の5つが原則。
■あいさつは

  • (明るく・愛を込めて)
  • (いつでも変わらない心の状態で)
  • (先に自分から)
  • (続けてひと言)

■身だしなみは清潔・上品・控えめが基本。差し色などでポイントをおく。TPOに合わせた気遣いで。
■言葉遣いで人となりが出る。明るく、やさしい(易しく・易しく)美しく。普段、何気なく使ってしまう言葉も、どの年代でも理解されるか?とか思いやり、優しさを添えられているか。

魅力学は自分の隠れ持つ『魅力』に気づき、好印象の与え方・磨き方を学んで、自分らしく表現する方法。
言葉遣いや立ち振舞いなどマナーだけではなく、身だしなみやコーディネート方法まで話は広がります。

■自分が自分の専属スタイリスト。全身を見てコーディネートを探す。何着か絶対的に似合うものを用意する。
■何にでも合わせやすい色は「チェリーピンク」。
■朝5分の余裕をもって行動。自分をチェックすることに心がける。

20180213-2

 

きれいな髪のまとめ方など実際にしていただきながら、わかりやすく指導していただきました。
20180213-3

ささいな心遣いだったり、自分自身のチェックだったりと今までにもう一つ考えることを実践しながら、普段の生活や仕事の現場でも、教わった「魅力学』を実践していきたいですね。

<アンケートから>
・自分の所作はせっかちで雑な面があると反省しました。左手を上に組む「レースハンド」を知り、美しい立ち振舞いに活かしていこうと思いました。
・身だしなみのお話が興味深く、日々の生活や仕事にも活かしたいと思いました。(髪の)ハーフアップの仕方もとても分りやすかったです。
・人の話は「十四の心」で聴く。相手のことを思って眼差しを向けて聴けるようになりたい。プラスワン言葉も実践していきたい。自分にとっても相手にとっても心の距離を近づける1歩になると思います。
・次回はカラーコーディネートの講座をぜひお願いしたいです。
・内面の充実と外面の充実。2つの側面から自分の魅力を引き出す方法を考える機会になりました。へりくだって自分を下げるのではなく、相手が嬉しくなる言葉の方がより自然体で気持ちの良いコミュニケーションになると思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)