【スマイルシェア便り】子育て女性 仕事復帰遅れ ~コロナ緊急宣言解除後~

MOMOの派遣部門を教育部門と一緒に分社化したのが株式会社スマイルシェア。
毎週、労働者を巡る様々なトピック、人事労務問題、人材教育、派遣の情報などをお届けしていきます。

4回目は「コロナ禍 子育て女性・仕事復帰遅れ」についてです。

 

 新型コロナウイルス感染症拡大による緊急事態宣言の解除後、子育て中の女性の仕事復帰が大きく遅れたことが、労働政策研究・研修機構の調査で分かりました。宣言以降休業に転じた人のうち、全体では半分程度が2ヶ月で仕事に戻ったが、子育て中の女性だけは、ほとんど戻れていませんでした。分散投稿や保育園の登園自粛要請などに伴い、家事や育児の女性への負担が続いたと見られます。

 調査によると、宣言前の4月1日時点で働いていたが休業した人の割合は5月末が3.3%で、2カ月後には1.6%にまで回復しました。一方で「18歳未満の子どもがいる人」で見ると女性は7.1%から6.1%とわずかな変化にとどまりました。同じ条件の男性は1.0%から0.3%でした。

 仕事がなく求職活動もしていない人の割合は、子育て女性は全体の約2倍にも上り、働くこと自体をやめてしまう傾向も強まっていました。

 女性の働き方の改善につながると期待されいたテレワークの実施割合も、子育て中の女性はコロナ前とほぼ変わりませんでした。一方で男性は7月最終週になってもコロナ前より割合が高かった。女性は非正規雇用の割合が高く、飲食業や小売業といったテレワークが難しい仕事の人が多かったためとみられます。

 調査を担当した同機構の周燕飛主任研究員は「子どもの在宅時間が長くなり、特に母親の仕事に影響した可能性がある」と推測。「コロナ禍が長引く中、復職を先延ばしにしたり、あきらめたりした人も多いのでは」と指摘しています。調査では20~64歳の会社員4307人を対象に実施。5月と7月時点の回答を分析しています。

(2020年12月3日熊本日日新聞)

スマイルシェアでは、随時、お仕事の紹介、および、労働者派遣登録を受け付けております。

社内研修、各セミナーの企画も承っておりますので、どうぞお気軽にお問合せください。

https://smile-share.co.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)