【スマイルシェア便り】大卒採用「減」が上回る 11年ぶり売り手市場に陰り

MOMOの派遣部門を教育部門と一緒に分社化したのが株式会社スマイルシェア。
毎週、労働者を巡る様々なトピック、人事労務問題、人材教育、派遣の情報などをお届けしていきます。

5回目は「大学生・大学院生の採用に関する調査」についてです。

 リクルートワークス研究所は21日、2022年卒の大学生・大学院生の採用に関する調査で、21年卒に比べて採用人数を減らすとした企業は11.6%、増やすとした企業は7.7%だったと発表しました。採用減が採用増を上回ったのは、リーマン・ショックの影響が続いた11年卒依頼11年ぶり。新型コロナウイルスの感染拡大で、学生側の売り手市場に陰りがみられます。

 業種ごとに採用を減らすとした企業の割合を見ると、飲食店・宿泊業21.6%で最も高く、他には情報通信業が13.4%、機械以外の製造業が13.3%でした。一方、人手不足が続く建設業や医療・福祉では、採用を増やす企業割合が減らす企業を上回りました。

 調査は今年10~11月、従業員5人以上の民間企業を対象に実施し、4516社から回答を得ました。採用の増員について「分からない」とした企業は26.1%、「変わらない」とした企業は45.0%でした。

 

 

スマイルシェアでは、随時、お仕事の紹介、および、労働者派遣登録を受け付けております。

社内研修、各セミナーの企画も承っておりますので、どうぞお気軽にお問合せください。

https://smile-share.co.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)