【BOSS COLUMN】くまモン10th 配信プログラム

 くまモンは、九州新幹線全線開業をふまえてPRキャラクターとして誕生。くまモンの産みの親=小山薫堂さんによると、あくまでロゴマークのおまけ!として誕生したとのこと。真っ黒い、このキャラクター。最初は近づくと、怖がって、泣き出す子どもも多かったようです。
 そして、九州新幹線全線開業の前日、東日本大震災が発生。
 本当なら、一番列車をお迎えするはずだったのに・・ホームに立つことが許されず・・その記念日を、こっそり隠れて見守っていたくまモン。あの背中を忘れることは出来ません・・
だからこそ、そのキャラクターの在り方を、みんなで考え、大切に育てて、その後、ゆるキャラグランプリでの優勝をきっかけに全国的にも有名になったくまモン。そのくまモンも、今年で10周年を迎えました。

 華々しく、新しくできた「熊本城ホール」で国内外のファンとともに、そのお祝いをする予定だったのですが・・。(くまモンの誕生日は3月12日。九州新幹線全線開業の日です)コロナ禍の影響で、12月に延期され、さらに集客できる状況ではなかったため、収録をしてオンライン配信されることになりました。

 私たちが事務局をつとめる「くまモン夢学校」では、今回、ふたつのプロジェクトで、LIVE配信に参加しています。

 先ずは、familiarファッションショー。
 子どもたちが、熊本の山、水、食べ物をモチーフにデザインをしたお洋服を、神戸のベビー、子供服の老舗「familiar」のデザイナー、パタンナーの皆さんが一点もののお洋服に仕上げ。本来のお披露目より、9カ月以上経ってしまったため、パツパツになった子どももいましたが、なんとか補正をして着られる状態にできました。スタイリストさんに小物のアドバイスをしてもらい、ウォーキング、ポージングのレッスンを受け、ヘアメイクをプロにしてもらってランウェイを歩きました。

 そして、もう一つは、今年で3年目を迎えたPROJECT。「くまモンダンス部」。
 昨年までは、東日本大震災の復興を願うEXILEの「RisingSUN」や「CHOOCHOOTRAIN」を踊っていましたが、今回は公募で選ばれたオリジナル曲「LOVE LOVE くまモン~happy rap~」を初披露。コロナ禍の中、集まることが出来なかったので、オンラインレッスンなどを重ね、ようやくステージに立つことができました。
「いきなり団子」「武者返し」「天草のお魚」「肥後牛」「阿蘇山」など、熊本にちなんだ言葉と、それを表現する可愛く、そしてカッコいいダンスをぜひご覧ください。

□くまモンTV https://www.youtube.com/user/kumamontai

  2020年12月26日 20時より くまモンダンス部
  2020年12月27日 20時より familiar(モンコレ)

ぜひ、ご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)