【スマイルシェア便り】性別、働き方に先入観95%

MOMOの派遣部門を教育部門と一緒に分社化したのが株式会社スマイルシェア。
毎週、労働者を巡る様々なトピック、人事労務問題、人材教育、派遣の情報などをお届けしていきます。

9回目は「無意識の思い込みや偏見(アンコンシャス・バイアス)」についてです。

 

 単身赴任するのは父親、受付は女性ー。連合が無意識の思い込みや偏見(アンコンシャス・バイアス)について組合員など約5万人に調査をしたところ「思い当たる」と答えた人は、95.5%に上った。性別などに基づく先入観が職場や日常生活で根深く浸透し、何げない言動に影響している様子が浮かび上がった。

 調査は昨年6~11月にインターネットで実施。偏見を含む20事例から自分で思い当たるケースを全て選ぶ形式で、10~70代の5万871人が回答した。

 1人当たり平均5.7件の「偏見」を選択。最多は、「親が単身赴任というと父親を想像する(母親は想像しない)」で、66.3%の人が自分も思い当たると答えた。

 性別に基づく先入観は他に「DVと聞くと男性が暴力を働いている想像する(女性を想像しない)」45.7%、「お茶出し、受付対応、事務職、保育士というと女性を思い浮かべる」39.2%が目立った。

 働き方では「育児中の社員・職員に負荷の高い業務は無理と思ってしまう」39.0%、「パートタイマーは主婦が家計補助のために働いているというイメージがある」35.6%などが多かった。

 連合の山根木晴久局長は「アンコンシャス・バイアス」は時に弊害をもたらす。自分にも先入観があると自覚することが第一歩だ。コロナ禍で仕事や働き方、生活の変化が求められる中、多様性に気付く機会にしてほしい」としている。

(2021年1月21日熊本日日新聞)

スマイルシェアでは、随時、お仕事の紹介、および、労働者派遣登録を受け付けております。

社内研修、各セミナーの企画も承っておりますので、どうぞお気軽にお問合せください

https://smile-share.co.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)