【スマイルシェア便り】県内コロナ 5月最多

MOMOの派遣部門を教育部門と一緒に分社化したのが株式会社スマイルシェア。

27回目は「 県内コロナ 5月最多」についてです。MOMOの派遣部門を教育部門と一緒に分社化したのが株式会社スマイルシェア。

    毎週、労働者を巡る様々なトピック、人事労務問題、人材教育、派遣の情報などをお届けしていきます。

 

  既に1535人 変異株で拍車か

 

 県内の新型コロナウイルス新規感染者数は19日、5月の累計が1535人となり、これまで月間で最多だった今年1月の1464人を71人上回った。連日100人前後の新規感染が続いており、感染「第4波」は沈静化の兆しが見えていない。4月中旬に第4波が到来するまで、県内の1日当たりの新規感染者は、第3波が本格化した1月8日の101人が最も多かった。このピークを5月8日の109人が初めて超え、14日には過去最多の124人に達した。

 1月の1日平均の新規感染者47.2人に対し、5月は19日までで80.8人と約1.7倍。感染拡大のペースが上がっている。これまで68例確認されたクラスターのうち、16例が5月に発生。飲食店が最多の6例、学校・会各3例、職場2例、医療機関・福祉施設各1例と続いた。自治体別では熊本市が14例と目立ち、御船町と菊陽町各1例だった。

 県健康危機管理課によると、5月12日まで1週間の県内の新規感染者は703人(うち熊本市483人)で、そのうち51.4%は感染経路が不明。従来株より感染力が強いとされる変異株の可能性がある割合は、抽出検査で97%となっており、感染拡大に拍車が掛かっているとみられる。

 同課は「第3波は医療機関や福祉施設、飲食店のクラスターなど特定の場所での感染が目立ったが、第4波は熊本市の市中感染が周辺自治体に広がっている」と分析。県内は16日から、緊急事態宣言に準じた対策を取る「まん延防止等重点措置」が適用されており、「いつ、どこで感染してもおかしくない。危機感を持ってほしい」と警戒を呼び掛けている。

(熊本日日新聞 2021.5.20より抜粋・引用)

 

 なかなか感染拡大に歯止めがかからない状況が続いています。記事にも記載されていますが、いつどこで感染してもおかしくないという非常に危機的状況です。今一度自身の行動を見つめ直し、対策を徹底していきましょう。同新聞、他記事においても

感染抑制こそ景気対策だ

という題名でも記載されております。企業・お店の存続。景気・雇用の回復への1番の近道は感染の抑制にあると私も考えています。私たちの力で私たちの熊本を守っていきましょう。

 

スマイルシェアでは、随時、お仕事の紹介、および、労働者派遣登録を受け付けております。

社内研修、各セミナーの企画も承っておりますので、どうぞお気軽にお問合せください。

https://smile-share.co.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)