「真珠子の草枕」無事終了しました!

夏ころから準備していきた「真珠子の草枕」無事終了しました。
ガーリーアートの第一人者「真珠子」が熊本で生まれた夏目漱石「草枕」のお気に入りの場面、言葉を選び出して新たに構成。朗読に合わせて、オリジナルの音楽、映像でつづる新ジャンルのアート作品。

この幻灯機とは、夏目漱石「三四郎」で出会ったのだとか。朗読に合わせて奏でられる邦楽の演奏は、熊本を中心に東京、韓国でも活躍する今藤珠美先生の作曲。下田れいこさん(箏)、望月晴美さん(囃子)、藤舎理生(笛)という一流の女性演奏家たちの音色は、早川倉庫の木造建築に美しく、心地よく響きわたりました。とにかく素晴らしい演奏でした!!

そして、振り付け、舞踊は高濱流光華々先生が担当。先生は、真珠子のイマジネーションから生まれた、ヒバリの妖精、人間ではない妖精、お菓子の妖精、椿の妖精、4つの妖精を見事に演じ切りました!

真珠子がデザインした衣装を纏った光華々先生は、いつもとは違う魅力を放っていました。

画家、イラストレーター、朗読家、パフォーマー、そして、演出家として、ベテランの女性芸術家たちと新しい芸術をつくりあげた真珠子のこれからの活躍が益々楽しみです。

今回、早川倉庫さんにお世話になりましたが、吉本美術の吉本さん、松崎照明の山本さんの熟練の職人さんたちのこだわりに改めてリスペクト! そして、時間がない中、舞台をつくり上げてくれた大西さんに、心からの感謝を!! 

久しぶりに一からつくりあげた心躍る現場でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)