日本一安全な天空のロックフェス!

 3年ぶりの阿蘇でのロックフェスティバル! 
 全国的に緊急事態宣言、および、まん延防止等重点措置が解除になったこともあり、何とか実施できそうです。開催の是非について、様々な意見がありましたが、「阿蘇ロックフェスティバル」では、感染予防対策に力を入れて、日本一安全なロックフェスを目指して計画が進んでおります。

 staffは1週間前から体調、体温管理。来場者全員にPCR検査を行い、不織布マスクの着用、飲食スペースの限定、酒類の提供禁止、スタンディングエリアのゾーニングなど、手間をかけ、不自由なことも否めませんが、しっかり計画を立てています。

 初めての2days開催。豪華なメンバーが阿蘇の澄んだ空気を楽しみに集結してくれます。1日目の夜には、シークレットゲストを迎えたキャンプファイヤーも予定されています。

 それから、フェス飯=アソロックキッチンも充実。特に、私が楽しみにしているのは、ミシュランの星が獲得した「いまきん食堂」×「親和苑」のメニュー。阿蘇、熊本の食を存分を楽しめるメニューが揃っています。

 立野駅からのシャトルバスも用意されているので、JRを利用しても会場へは行けます。

 小学生までの子どもは無料。畳でゆっくり寛げる授乳スペース、子ども向けのワークショップ、ポッカールなどの遊具の貸し出しも準備しています。

 チケットは、これからでも入手可能です。1日のみの参加も可能。ぜひぜひ、10月23日(土)、24日(日)は、南阿蘇村「アスペクタ」阿蘇ロックフェスティバルへ。

【BOSS COLUMN】阿蘇ロックフェスティバル開催決定!

阿蘇ロックフェスティバル2021 の開催が発表されました!
今年は、2021年10月23日(土)、24日(日)初めての2days!
なんと! アスペクタ南阿蘇の中でキャンプできるアソロックキャンプも予定されています。
 
そして、先行して発表された15組のアーティストは以下のとおり!
泉谷しげるwith BAND/
岡崎体育/OKAMOTO’S/KEYTALK/Creepy Nuts/GLIM SPANKY/ゴールデンボンバー/THE BAWDIES/SIX LOUNGE/SKY-HI/
スチャダラパー/never young beach/ファーストサマーウイカ/ももいろクローバーZ/LEGENDオブ伝説 a.k.a サイプレス上野/and more.

 

 
このあとも続々発表されていく予定!!!
そのころまでには、コロナ禍も落ち着いていることを心から願いつつ・・詳しい情報は阿蘇ロックフェスティバルの公式サイトで発表されていきますので、ぜひ、チェックしてください。
 
【感染予防対策】
すべての方々を安全守るためにガイドラインを定め、徹底した対策を講じてまいりので、チケットご購入前に内容をご確認ください。

【BOSS COLUMN】くまモン記者団@南阿蘇村解散!

 熊本地震の翌年から南阿蘇村の日常を発信してきたくまモン記者団は、当時、村にある5つの小学校の四年生から六年生、約30名で結成。みんな等しく歳を重ね、中学二年生から高校生になりました。また、5つあった小学校も統廃合で3つになり、最終的には7名の記者が活動してくれていました。中学生になって忙しくなり、コロナの影響もあって、思うように活動することが難しくなってきたので、いったん解散することになりました。
 
 
 
 昨年は、一度だけZOOMミーティングをしましたが、リアルに会うのは本当に久しぶり。みんな、すっかり大人っぽくなっていました。
 
 
 
 これまでの活動記録をみながら、ひと通り活動を振り返ったあとは、それぞれ考えてきた最後の投稿。企画者である小山薫堂さんからの心温まるメッセージも届き、一人づつこれまでの感想とこれからの目標を発表。最後に、修了証を授与し、記念撮影をしました。
 
 いったん解散はしますが、これから大人になって、自分の端末を持つようになり、InstagramやTwitterに南阿蘇村のことを発信するときは、いつまでも、♯くまモン記者団 をタグ付けるって約束してくれました。
 
 
 終了後は、この春にオープンしたマルデンさんでランチ。記者団メンバーで最後まで仮設住宅に住んでいたかのんちゃんの実家です。赤うしのステーキ、ハンバーグとカレーがおいしいお店。ちょっと離れたところにありますが、広いスペースには、今後、デイキャンプやバーベキュー、アウトドア体験ができるスペースも出来ていくようです。
 
 
熊本地震直後からご縁のあった人々も、それぞれが新しい歩みをはじめていることが本当にうれしい。確実にときは流れ、記者たちの成長を実感した時間でした。
 
 
くまモン記者団メンバーは、今日、最後の投稿をしていますので、ぜひ、投稿をチェックしてください。