自然な演技ではなく、演じきること。

~7月マンスリー会議~

遅い入梅のせいか、嫌がらせのように大雨になりましたね。各地で被害が出ているようですが、大丈夫でしたでしょうか?

毎月恒例のマンスリー会議です。今月の講師は、演劇集団「ゼーロンの会」主宰の 上村 清彦 先生をお招きし、「からだと声と世界と」と題して、お話を伺いしました。
「理論編」と「実践編」に分けて、熱い授業となりました。

上村清彦 先生

演劇の世界に入ったのはもともとは脚本の方だったが、自分でやってみたいと思った。魔が差したんでしょうね。(笑)
なぜフィクション(映画・舞台)を通して何かを伝えようとするのか? シンプルなメッセージなのにどうしてお金を使って大掛かりにするのか? 人間はフィクションを通さないと伝わらないものがある。だから演劇や映画がある。そのフィクションのくぐり抜け方、表現の仕方が演劇、映画の良し悪しの評価となる。

「自然な演技」は日常を再現しているだけで、「演じている」わけではない。演じることで相手(観客)に訴えかけることが大切だと上村先生は言われます。

上村先生と隆稀(左)

そして実践として、発声方法や、2人1組での自由劇実演、最後に上村先生の『マクベス』実演を間近で観させていただきました。

演劇人としての魂を感じることができて、とても有意義な会議でした。

<アンケートから>

  • レッスンの最後に『ハムレット』のワンシーンを実演いただきました。演技、役者としての魂を感じました。正直、言葉が出ませんでした。
  • 「途方に暮れる」。この言葉に尽きるかなと思いました。最初から出来るわけがない。追求するしかない。またレッスンを受けたいと思った。

隆稀の熊本での生態!

皆さん、暑い日や寒い日の寒暖差で、体調を崩したりしていませんか?
桃の「爽やか担当」隆稀です。

隆稀!

僕は生まれて此方、熊本育ちの生粋の熊本人です。
仮面ライダーになるために今年中に上京しますが、まだまだ熊本でやれることはあるはず!
ということで、本日も晴天の下、リポーターのお仕事頂きました。ありがとうございます。

反省点は色々とありますが、私、落ち込まない性格なんです。←笑
落ち込んでる暇があるなら次に繋げるために「今、何が出来る?」を常々考えております。

最近はもっと自分を出していこうと、自撮りもやり始めました。他の人に撮ってもらうことが多いですし、その方が綺麗な写真が撮れるんですけど…笑
これも練習ですね。
自撮りしてる隆稀に遭遇したら、暖かく見守るか手伝ってください。

今後は動画とかもアップしたいなぁ、とかも考えていますが、如何せんやりたいことが多すぎて、、、ひとつずつ消化ですね。
今後の活動にも乞うご期待ください!

隆稀、2019新年の目標!

皆様、いかがお過ごしでしょうか?
桃の「爽やか好青年」担当、隆稀です。(笑)

早いもので、1月も半分が過ぎてしまいましたが、改めまして、あけましておめでとうございます。
2019年はどんな年にしたいですか? 目標はしっかり立てましたでしょうか?

夢に期限を設けたものを目標といいます。
初詣で「今年こそは!」と夢を言う方がいらっしゃいますが、皆さんは夢ではなく目標を定めたことと思います。

僕の今年一番の目標は東京進出です!
夢を夢のままで終わらせない。

熊本城も復興に向けて着々と作業が進んでいます。僕たちも日々成長していかなければなりません。
2019年が皆様にとっても、素晴らしい年になりますよう、お祈り申し上げます。

隆稀